会社情報

  • Suzhou ARES Technology Co., Ltd.

  •  [Jiangsu,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー
  • 貿易と市場: アメリカ大陸 , アジア , ヨーロッパ , 中東
  • 輸出国:11% - 20%
  • 本命:ISO9001
  • 説明:電子音響Namplate,高音質アルミニウムナイトライド,様々な形の音響
問い合わせバスケット(0

Suzhou ARES Technology Co., Ltd.

電子音響Namplate,高音質アルミニウムナイトライド,様々な形の音響

ホーム > 製品情報 > ネームプレート > 三次元の銘板 > 電子音響アルミニウム・ナイトレート

電子音響アルミニウム・ナイトレート

共有へ:  
    お支払い方法の種類: T/T
    Incoterm: FOB
    最小注文数: 500 Bag/Bags
    納期: 10 天数

基本情報

モデル: ARES000106

材料: 金属

テクニクス: ダイカスト&スタンピング

特徴: 3D, 点滅

使用法: 装飾

年齢: 現代

カスタマイズされた: カスタマイズされた

Additional Info

包装: カートン

ブランド: アレス

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 蘇州、江蘇省、中国

認証 : ISO9001

製品の説明

電子音響アルミニウムのネームプレートは主にアルミニウム、油圧、石油成形で作られ、底の色は様々です。 三次元銘板表面テクスチャ、線、綾織、酸化色、印刷などを描く、CDのパターンとすることができます。様々な形の音響AcousticsアルミニウムNamplateは、電子機器、オーディオなどに適応します。

ファッション三次元銘板が 凸状又は凹状とすることができるモータ圧力、表在書体パターンにより形成され、ラインが重要とさわやかな視覚的なインパクトの結果を引き出すことができ、非常に次元の鋭い層状です。


ファッション三次元銘板の製品の説明
1)加工:スタンピング、ダイカスト、酸化など。
2)材料:アルミニウム、金属、銅など。
3)カスタマイズされた形、ロゴ、色、デザインを歓迎します。
4)サイズ:顧客の要件に応じて;
5)スティック、スクリュー、フック、ピンまたは両面粘着テープで固定。
6)特徴:次元的ではなく、変形が緩やかになる。
7)用途:家電、家具、台所用品、衛生陶器、各種付属品、電子機器、コンピュータ、スポーツ又はレジャー機器、カメラ及び機械等。
8)リードタイム:10~15日;
9)OEMおよびODMは歓迎されている;
10)高品質&競争力のある価格&優れたサービス;


三次元銘板の 詳細は以下の通りです

64321

利点


迅速な返信
OEM&ODMサービス
工場の製造元
高品質で低価格
各ステップの厳格な検査
工具費を抑え、金型を迅速に製作する
満足のいくプレセールスサービスとアフターサービス
アートワーク、音量、プロセス、パッキングに関する専門的な設計とアドバイス


会社概要

蘇州アレス技術有限公司は、中国東部での銘板とスクーチーンの設計と製造に特化しています。アレスは1992年に設立され、2003年に蘇州工業区に工場を設立しました。

Aresは、生産開発、製図、金型製作、スクリーン印刷、スタンピング、CNC加工、ダイカスト、サンドブラスト、酸化、吹き付けなどの総合サービスを提供することを目的とした10年以上の銘板設計経験、カット(ハイライト)、エッチング、レイカービング、クリスタルドロップなどがあります。

Aresは4800平方メートルの面積をカバーし、建設面積は3400平方メートルです.Aresは完全な試験装置を装備し、厳密にISO9001とISO2008管理システムの操作で動作します。

Aresは品質マネジメントに固執しています。品質は製品品質の保証であり、顧客満足度は品質テストの基準です。顧客はエンタープライズ・リーディング・バリューとして評価します。

専業で、プロフェッショナルであること。

Aluminum Nameplate


製品グループ : ネームプレート > 三次元の銘板

製品の絵
  • 電子音響アルミニウム・ナイトレート
  • 電子音響アルミニウム・ナイトレート
  • 電子音響アルミニウム・ナイトレート
  • 電子音響アルミニウム・ナイトレート
  • 電子音響アルミニウム・ナイトレート
この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Fang Mr. Fang
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する